トップ  >  お知らせ

お知らせ

「医療機器開発に係る薬事申請等実務者研修会in大分」を開催します

 医療機器の開発・事業化は、臨床現場のニーズを出発点として、現場の抱える問題とそれを解決する医療技術(機器)の必要性を探索し、製品化のアイデアを出し、事業化の視点も含めて検証してプロトタイプの開発へと進めていくことが必要です。
 大分県では、大分大学が「国産医療機器創出促進基盤整備等事業」により、同大学における医療機器開発の連携体制を整備するとともに、臨床ニーズを満たす医療機器開発に向けた企業人材の育成に取り組んでいます。こうした事業と相まって、更なる効果を上げるため、企業における医療機器の開発人材を育成する、より実務的な研修が重要です。
 今回は、課題解決型のイノベーションに必要な考え方も取り入れながら、専門性が高く、一から企業単独での習得が難しいといわれている、医薬品医療機器等法に係る薬事申請書の作成など、実践的なスキル習得を目指す研修会を開催します。
 新たな医療機器の実用化を目指す許可業者、ベンチャー新規参入事業者及び大学等の方は、是非ご参加ください。
日時 平成28年2月2日(火)14:00~17:00
場所 トキハ会館 5階 カトレアの間(大分県大分市府内町1丁目2−18)
定員 50名
主催 大分県、九州ヘルスケア産業推進協議会、九州経済産業局、(一財)九州産業技術センター
プログラム 14:00~14:03 主催者代表挨拶 大分県 商工労働部

14:03~15:20 薬事関係
          演題:医療機器承認申請への対応方法(仮称)
          講師:医療機器センター 上級研究員 石黒 克典 氏

 休憩(10分)

15:30~16:10 知財関係
           演題:医療機器の知財管理と具体的な対応方法
           講師:橋本総合特許事務所所長 弁理士/
              グローサクストコンサルティング(株) 代表取締役社長 橋本 虎之助 氏

16:10~17:00 参入企業事例紹介
           演題:橋本螺子㈱と(協)HAMINGの挑戦
           講師:橋本螺子(株) 代表取締役社長 橋本 秀比呂 氏

申込方法等

・平成28年2月1日(月)17:00までに九州ヘルスケア産業推進協議会 事務局へお申込み下さい。

                            

(お申し込み及びお問い合わせ先)
九州ヘルスケア産業推進協議会事務局
((一財)九州産業技術センター)
担当:中島、田籠、本木 TEL:092-411-7450
Email:hamiq.info@kitec.or.jp