トップ  >  ニュース一覧

ニュース・トピックス一覧

2014.08.11 ヘルスケア産業参入促進セミナーを開催しました。

 平成26年8月11日、九州経済産業局の九経交流プラザ内にて、ヘルスケア産業参入促進セミナーを開催し、85名の参加がありました。
 セミナーでは、経済産業省 ヘルスケア産業課 鈴木課長補佐にご講演していただいた後、株式会社地域経済活性化支援機構の国沢勉様と株式会社ベネフィットワン・ヘルスケア取締役の河原章様にご講演していただきました。
 なお、今回のセミナーでご説明した「グレーゾーン」やヘルスケアサービス事業に関する「資金ニーズ」についてお問い合わせ、ご相談がございましたら九州ヘルスケア産業推進協議会事務局、または九州経済産業局新産業戦略課までご連絡下さい。   

 

開催内容

                                                    
日時 平成26年8月11日(水)13:30~16:50
プログラム ①開会挨拶  ヘルスケアサービス部会長 有江勝利                  13:30
②講演
(1) 経済産業省 商務情報政策局 ヘルスケア産業課 鈴木隼人課長補佐
・演題 「健康産業の活性化と質の高いヘルスケアサービスの創出に向けて」
 国は今後、医療イノベーションの推進に併せ、健康寿命延伸産業の創出により、国民医療費の適正化、国民のQOL向上、経済成長の一石三鳥を目指し、公的保険外のサービスの活性化に取り組みを推進。地域の資源を活かしたヘルスケア産業の育成を図るための地域版「次世代ヘルスケア産業協議会」の全国展開、専門人材やアクティブシニアの活用、グレーゾーン解消による新事業創出の取り組み等について説明されました。

(2) 株式会社地域経済活性化支援機構 地域活性化オフィス ディレクター 国沢勉様
・演題 「地域ヘルスケア産業支援ファンドの創設について」
 地域包括ケアシステムの構築が求められる中、ビジネスモデル更新が要請されるが、中小事業体は自力でビジネスモデルを更新しイノベーションを起こすことは難しい。また、ヘルスケア事業では、不動産と人件費にお金がかかるので、人材や資金調達の面で支援していきたいと説明されました。

(3) 株式会社ベネフィットワン・ヘルスケア 取締役 河原章様
・演題「観光と健康増進の融合プログラム!糖尿病予防に向けたスマートライフステイ(旅行型保健指導)の可能性について」
 旅行型保健指導による参加しやすい特定保健指導「スマートライフステイ」(平成26年度健康寿命延伸産業創出支援事業)について説明されました。
 楽しみながら、将来的な重症化を予防し、観光産業・健康産業を発展させ、医療費適正化を実現していきたいと話されました。

③「九州ヘルスケア産業推進協議会の取り組みについて」  九州ヘルスケア産業推進協議会 事務局 中島 敏樹
④参加者によるショートプレゼン 4社(cocotama、システムクレオ、ユーコネクト、LEOC)
⑤名刺交換会   

セミナー状況


鈴木様のご講演

国沢様のご講演

河原様のご講演

名刺交換会の様子

セミナーの様子