トップ  >  お知らせ

お知らせ

九州ヘルスケア産業活性化シンポジウム
-ヘルスケア産業が切り拓く九州の未来-(仮題)

 わが国だけでなく世界規模で進む高齢化と医療需要の拡大は、一方で、医療機器関連産業や健康・医療サービス等の「ヘルスケア産業」をわが国の成長産業へと導くチャンスとも言えます。 九州では、昨年7月に「九州ヘルスケア産業推進協議会」が設立され、産業界や大学、医療機関等の関係機関が一体となった事業が展開されているところです。 これらの取組を更に加速させ、ヘルスケア産業の活性化による「健康寿命が延伸する社会」の構築を目的として、シンポジウムを開催します。 多くの皆様のご参加をお待ちしています。

開催日時 平成26年3月4日(火)13時30分~17時00分
会 場 ハイアットリージェンシー福岡2F「リージェンシーボールルーム」
(福岡市博多区博多駅東2?14?1)
主 催 経済産業省九州経済産業局、九州ヘルスケア産業推進協議会
定 員 200名
参加費 参加費:無料
内 容(予定) 1.開会挨拶

2.基調講演(13:40~14:30)《50分》
「医工連携が切り拓く産業と地域の活性化」(仮題)
独立行政法人国立循環器病センター研究所副所長(研究開発基盤センター長)
妙中 義之 氏

3.特別講演(14:30~15:10)《50分》
「『からだと健康と生き方をつなぐ会社』が展望する将来」(仮題)
株式会社タニタヘルスリンク(講師未定)

(休 憩)

4.事例報告(15:30~17:00)《30分×3事例》
◆事例報告者とテーマ:
①株式会社ファインテック
「産業用刃物製造技術を活かした医療機器分野への展開」

②株式会社ロジカルプロダクト
「産学官連携とセンサー技術による医療分野参入」

③九州電力株式会社 情報通信事業グループ
「大学や地域とコラボした健康支援システムの開発」

《モデレータ:国立循環器病センター研究所副所長(研究開発基盤センター長) 
妙中 義之 氏》

5.閉会

(※)上記内容は、一部変更の可能性がございます。何卒ご了承ください。
申込方法等 平成26年2月27日(木)17時までに参加申込書(WORD)(PDF)に必要事項をご記入の上、(一財)九州産業技術センターあて電子メール(hamiq.info@kitec.or.jp)または、 FAXにて(092-472-6688)お申し込みください。
※参加証は発行いたしません。当日は、申込書のコピーまたはお名刺をご持参ください。

(本イベントに関するお申込み及びお問い合わせ先)
(一財)九州産業技術センター
担当者:野田、後藤
電 話:092-411-7394
(本発表資料のお問い合わせ先)
九州経済産業局 地域経済部 新産業戦略課 課長 名垣
担当者: 山田、鉾屋(ほこや)
電 話:092-482-5443