トップ  >  お知らせ

お知らせ

ヘルスケアインターンシップ事業(第2弾)を実施します

 九州ヘルスケア産業推進協議会(HAMIQ)では、「『健康寿命』が延伸する社会の構築」を実現するため、医療機器関連産業の振興やヘルスケアサービスの産業創出等を推進しております。
HAMIQの事業の一環として、高齢化の進展に伴い市場拡大が見込まれ、地域雇用の受け皿として期待される医療・介護関連サービスの事業者と教育機関が連携したインターンシップ事業を実施しております。
本インターンシップ事業は、医療・介護周辺サービス業への理解と、質の高い人材の育成と確保を図るため実施するもので、次代を担う学生にその役割と社会的意義を理解してもらうことをねらいとしています。
第2弾となる今回は、介護福祉士として活躍を目指す専門学校生を対象とし、幅広い年齢層の参加を予定しています。
なお、第1弾は本年8月に鹿児島市にて実施、高校生4人を対象に4日間行いました。

1.期 間
平成26年1月14日(火)~平成26年1月17日(金)、4日間
2.受入事業者
医療法人社団大浦会(熊本市中央区水前寺4-52-44)

【事業者概要】
医療法人社団大浦会(大浦敬子理事長)は昭和51年設立。昭和36年開設の大浦外科医院を前身とし、昭和52年に熊本敬愛病院を開院、平成元年には老人保健施設博寿園を開園するなど、病院を核とした医療・福祉サービスを展開。 現在、ピュア・サポート・グループとして、高齢者住宅から地域活動まで幅広く複合的、先進的なサービスを提供している。
3.研修場所及び研修内容
①研修場所

介護老人保健施設「おとなの学校 本校」
(熊本市東区三郎1-12-30)
認知症対応型通所介護施設「おとなの学校 三郎校」
(熊本市東区三郎2-131)

②研修内容(詳細は「5.研修計画」に記載)

【施設概要】
大浦会では、介護施設「おとなの学校」を平成18年から開設。施設を学校に見立てた運営が特色。 学校の懐かしさを五感で感じられるよう学校の現場を再現し、スタッフが工夫を凝らした授業を生徒である入所者(介護サービス受給者)に提供することで、 高い水準の在宅復帰率を実現。また、ルーチンワークでない業務に携わることで、スタッフのモチベーションも向上。 また、関東でも同様の施設を展開中。
4.派遣教育機関
熊本YMCA学園本校 老人ケア科(熊本市中央区新町1-3-8)
2年生5名(20代~50代)
5.研修計画

(問合せ先)
九州ヘルスケア産業推進協議会(HAMIQ)事務局
(一財) 九州産業技術センター 担当:二階堂、後藤
TEL:092-411-7394 / Email:hamiq.info@kitec.or.jp

九州経済産業局新産業戦略課 担当:木部
TEL:092-482-5575