トップ  >  協議会概要トップ  >  事業概要

協議会概要

協議会概要

趣旨及び目的

(1)

政府の「産業競争力会議」では、「成長戦略」が議論され、6月14日に閣議決定されたところ。
経済産業省九州経済産業局でも、この成長戦略を注視しつつ、九州地域が持続的に発展していくための「地域新成長産業戦略」を3月に取りまとめ、「ヘルスケア産業(※)」を新たな成長産業の芽として選定したところ。

(2)

ヘルスケア産業(※)は、以下の観点から、九州で最有望視される成長分野の一つ。
  1. 人口減少社会に突入した日本の中でも、九州は全国を上回る速度で人口減少と高齢化が進展しており、 「社会課題解決型産業」であるヘルスケア産業への潜在ニーズが高い。
  2. 九州にはものづくり(ロボット/機械・化学等)に 関する産業の集積と技術・ノウハウの蓄積があり、医療・介護サービス等との高い相乗効果が期待される。
  3. 住民が高齢化する中での、社会活力の維持、医療費負担の抑制、地域における 雇用機会の確保等の観点から、自治体の取組も活発化している。

(3)

このため、これまで推進してきた九州医療関連産業推進フォーラムのネットワークを基に、ヘルスケア産業に係るハード、ソフトの一体的な取り組みを推進する母体となる、「九州ヘルスケア産業推進協議会」を設立する。
※ヘルスケア産業:医療・福祉機器、セルフケア機器、医療・介護サービス、等

基本理念と目指すべき方向

(1)

基本理念:九州は、全国を上回る速度で人口減少・高齢化が進展する"課題先進地域"であり、これは我が国全体の将来の姿。すなわち、九州における取組は、日本全体の成長戦略を先導する役割を担う。

目指す方向:地域も巻き込んで課題解決のための取組を推進する「地域・産業の健康化」、これら需要にビジネスの視点で応える「健康の産業化」を車の両輪として推進。
協議会概要